不動産相続には売却で対応|税の全てを知るチャンス

説明

後世へ

パソコン

今回は、相続について解説していきます。この相続とは、言葉の通り後世へと遺産を残すことを指します。若い人には、まだ全くといっていいほど意識はしていないでしょうが、この相続には細かい規定があります。

複雑な税制

スーツ

さて、日本の税制ほど、複雑なものはありません。そんなややこしい税制がまた、大きく変わろうとしています。それがいわゆる増税です。どんな税金が上がるのかというと、相続税です。税率はそんなに上がらないものの、控除の割合が低くなるので、相続税に今まで関係のなかった人まで対象になるのです。しかし、この増税はまだ施行されていませんから、これから対策をしても十分に間に合います。具体的には、相続する財産が不動産であればどうするのかという点に絞られます。不動産であれば、物納なのか、現金なのかを選択できますが、ここで売却するかどうかの絡みがでてくるのです。相続税をできるだけ、低くしたいのなら、不動産に資本を投下して建物を建てる方法があります。また、現金の方が一族でもめることなく、相続できると考えれば、生前に売ってしまうのがいいかもしれません。いずれにしても、不動産が多い一族は、今まで関係がないと高をくくっていた相続税に関係してしまいます。売却するのか、あるいは売却が忍びないのなら、ローンを組んででも税金を払うか考えなければいけません。売却にも、工夫と勇気が必要なので、口で言うほど簡単なものではありません。コンサルティングなどを利用して、相続の相談をしましょう。そうすれば、有用なアドバイスが聞けるかもしれません。さて、相続税を売却して払うか、もしくは物納するかという問題を紹介していきました。売却には、前回までの解説でわかるとおり、それなりに頭を悩ませる必要があります。

納税の方法

男性

物納であれば、売却時の所得に関する税、つまり譲渡税がかかりませんが、売るのにはそれがかかる可能性があります。折角、受け継いだ資産ですから、どのようにして納税するかは、時と状況を考えて行なうべきでしょう。

譲渡税を知る

木槌と本

策といっても投下する資金は必要なので、ある程度リスクも存在します。ここでも、どのような手段を選ぶかで、損得の計算が必要になってくるわけです。詳細を知っていきましょう。